Apache DeltaSpike 0.2 リリース

Apache DeltaSpikeプロジェクトから4月23日にApache DeltaSpike 0.2がリリースされました。今回のリリースの目玉は、例外ハンドラ(@ExceptionHandler)とセキュリティモジュール(@SecurityBindingType)の2つでしょうか。両方とも元々はSeam3 Solderのモジュールをベースとするものですが、DeltaSpikeプロジェクトでの議論の課程でAPIや機能が変わっている部分もあるはずです。詳細はドキュメントで確認してください。

リリースノート

GitHub

0.2 ダウンロード

ドキュメント

DeltaSpike 0.2までで拡張モジュールを作るためのコアの部分が安定してきたようなので、0.3からはモジュール開発が並行して進みそうです。楽しみですね。

「InfoQ: JBoss SeamとApache DeltaSpikeの今後」について

InfoQにJBoss SeamとApache DeltaSpikeの今後という記事が出ました。この記事はSeam.NextのアナウンスであるSeamの今後についての発表 – DeltaSpikeプロジェクト誕生の理由の内容と大きな違いはないと思いますが、Peteへの質問「DeltaSpikeはSeam 4のコアになるのですか?」の回答は一歩踏み込んだ発言をしていて興味深いです。何が興味深いかというとツールやチュートリアル、パフォーマンスといった開発者にとっての開発環境や使い勝手に言及しているからです。DeltaSpikeが開発しているのはCDIの共通コンポーネントです。これはCDIを使ったアプリケーションの移植性を考えると確かに重要ですが、Seamの後継はコンポーネントだけではありません。生産性のさらなる向上を目指した真の統合フレームワークです。この統合フレームワークについてはJBoss/Red Hatからの今後の発表を待ちましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。