Seam Booking サンプルの日本語化

Seam Solderの使われ方を調べるためにSeam 3.1のseam-bookingサンプルのソースコードを眺めていたら、resource/messages.propertiesとして画面のタイトルやエラーメッセージがリソースとして切り出されているのに気づきました。そこで、日本語リソースファイルを作ってJBoss AS 7にデプロイしたのが下のイメージです。

日本語リソースの作り方は、最初にseam-booking/src/main/resources/messages.propertiesを任意の名前の一時ファイルにコピーして、次のようにプロパティの値部分を翻訳します。

template_linkHome=ホーム
template_linkHotels=ホテル検索
template_linkLogin=ログイン
template_linkAccount=アカウント
template_linkLogout=ログアウト
template_linkReset=リセット

次に、それをnative2asciiで変換してmessages_ja.propertiesを作ります。

$ native2ascii 一時ファイル messages_ja.properties

native2asciiの変換結果のmessages_ja.propertiesは次のような感じになります。

template_linkHome=\u30DB\u30FC\u30E0
template_linkHotels=\u30DB\u30C6\u30EB\u691C\u7D22
template_linkLogin=\u30ED\u30B0\u30A4\u30F3
template_linkAccount=\u30A2\u30AB\u30A6\u30F3\u30C8
template_linkLogout=\u30ED\u30B0\u30A2\u30A6\u30C8
template_linkReset=\u30EA\u30BB\u30C3\u30C8

ここまで準備ができたら、あとはmvn installすれば終わりです。

残念ながら、seam-bookingサンプルでは日本語リソースとして切り出されていたのはHome画面(home.xhml)だけです。ユーザー登録画面、検索画面などの他のページでは、タイトルや説明はxhtmlで書かれたUIページのタグに直接埋め込まれています。でも、UI画面からリソースを使うときにサンプルとしては参考になると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。